カードローンの正しい利用方法とは?

用途は自由だが借り方にはある程度ルールがある

カードローンは誤った使い方をすると危険とよくいわれます。誤った使い方とは、既に存在する借金を返すために借り入れをする、あるいはギャンブルの賭け金を用意するために借りるといったものになるでしょう。では反対に、正しい使い方は具体的にどのようなものなのでしょうか。
まず、カードローン会社が具体的に「融資したお金はこのように使ってほしい」というルールを定めていることはありません。カードローンはフリーローンとも呼ばれます。このフリーとは自由のことで、どのような用途にも使えるということなのです。
ただ、借り方はある程度、想定されているルールがあります。まず、返済のあてがある場合にのみ借り入れをするということが挙げられます。

人に頼まれたから借りるという使い方は避ける

必要な金額のみ借り入れるというのものも挙げられます。10万円借り入れれば十分なのに30万円を借りて、余った20万円を散在するという利用方法は正しいとはいえません。こういった使い方をすると、債務があっという間に膨れ上がるだけではなく、余計な利息を返済していかなければならないので、金融事故を引き起こす可能性が高くなるからです。
そのほかに、必ず自分の意思で借りるというものが挙げられます。他人に「私のためにお金を借りてほしい、必ずあとで返す」と頼まれ、借りてしまうという利用方法は正しくありません。カードローン会社に対して返済義務があるのは、カードを所持している契約者です。もし、頼んできた相手が返済しなかった場合は自分で返していくしかありません。