不動産の売却で得したこと損したこと

不動産の売却は税金を考慮して

不動産の売却は税金を考慮して仲介手数料は予想以上に高いので注意業者の助言は聞いた方が良い

同じは不動産売却をしたことがありますが、当時は一戸建て住宅を所有しておりそれを売却することになりました。
不動産会社に売却する人もいるかもしれませんが、私の場合は不動産会社に対して仲介をお願いしたわけです。
つまり、買い手を見つけてもらうために利用したことになります。
うわさには売却する場合様々なお金がかかると聞いていましたが、その知識があったためそこまで大きな出費があったと思いませんでした。
基本的に購入した金額よりも売却した金額の方が高い場合は譲渡所得と呼ばれるものが発生しそれに対しては所得税や住民税がかかるとされています。
ただ、親の場合は住宅に使用していたため、例外的に税金が免除になる処置がとられているわけです。
そのため、不動産投資などを行っている人と異なり、譲渡所得による住民税や所得税がかかることはありませんでした。
もう一つ税金関係といえば、印紙代になります。
印紙にかかって費用はおよそ2万円ほどでしたがこれらは非常に負担が小さく済んだため助かったと言わざるをえません。
そうしたことはそれほどありませんが、不動産会社を見つけるときにもう少し抑制さしておけばよかったと考えています。

不動産売却 : 不動産の売却価格